中川先生の「ためになる話」

ワクチン接種は進む、されど・・・

 コロナワクチン接種が進んでいます。最初はおっかなびっくりで遅々として進みませんでしたが、最近は職域接種など、年齢関係なしにとにかく急いでいる感じですね。さて、今日の話題は抗体の話です。ワクチンが圧倒的に効果的なことはホントのようです。なんと95%も感染を抑制出来るのですから。でも統計的に95%であっても、自分が残りの5%だったらワクチンしても役に立ちませんよね。ということはホントに知りたいのはワクチンした後、本当にウイルスに対する中和抗体が出来ているのかなあという素朴な疑問です。もちろん統計的にはファイザーやモデルナの元データを見ていると発症を95%ほど抑制出来ていることは疑ってないのですが、個人的に自分の身体に抗体が出来ているのかどうか悩ましいところです。それなら抗体を測定すればいいと思うのですが、あまり抗体検査って一般化されていませんよね。何故なのか気になっていたので、ちょっと調べてみたのでご報告。
抗体にはいくつか種類があるのですが、医学的な一般常識から行くとIgMとIgGに注目します。感染が起こるとまずはIgMが増えて緊急対応するのですが、これは長続きせず減ってきます。次にIgGという抗体が増えてきます。こっちはしばらくは頑張ってくれるので、常識的にはIgG抗体が増えてれば一安心と考えられます。
 去年の今頃はワクチンの影も形もない中で毎日かなりの数の患者さんに出会う臨床医として、ぼくはもうすでに感染しているに違いないけど無症状なだけと考えて、抗体検査をしてみようと思いつきました。結果が陽性ならば、ぼくが感染源になることもないし、感染することもないのですから。それで調べてみると中国製ではありましたが、抗体検査キットが研究用で購入出来ると聞いて、早速買い求め、やってみました。結果は予想に反して陰性!え?という感じでした。陽性を期待してたのに、ちょっと落胆でした。ところがぼくの友達の医師たちも皆陰性なのです。なんと呼吸器内科医の友達まで陰性、彼はすでに何例も新型コロナの患者さんを診ているのに。これは何かおかしい。読者の皆さんコロナ情報に精通されている方が多いので知っておられるかもしれませんが、陽性者はかなり少ないのです、1%未満。どうもコロナで重症の肺炎になった人は確実にIgG抗体は上がっているのですが、そうでなければ低いレベルのようです。とすれば、どのくらいIgGがあればコロナ感染を防げるのかという問題になるのですが、これが案外難しいのです。ファイザーやモデルナのワクチンは開発始めてなんと一年で製品化まで進みました。画期的に早い開発でした。
何故急いだか?それはもちろんパンデミックだったからでワクチン開発にも猶予はなかったのです。研究者の頑張りも一筋縄ではなかったと思います。で、開発デザインなのですが、ファイザーらのチームは四万人ほどのボランティアを二万人ずつ二つのグループに分けてAグループには開発したてのワクチンを、Bグループには生理的食塩水を筋肉注射して、4ヶ月ほど後、AグループとBグループのコロナ感染率を比較するという方法でした。ワクチンの効果は絶大でBグループが2万人中162人もコロナ感染が出たのにワクチン接種したAグループの方は何と8人しか出ませんでした。つまり抑制率を計算してみると95%ということになります。
 でもね、知りたいのは統計的にワクチンが効いているということより、ワクチン接種した自分が感染しない状態、つまり抗体がきちんと出来ているか、どうかではないですか?
 答えから言うと、まだコロナ抗体がどのくらいあれば、充分なのか研究途上ではっきりしてないのです。だからぼくみたいに性急に抗体検査してみても失望するだけのようです。もう少し統計データだけで我慢しなければならないようです。まあ、95%だからほぼ大丈夫なのですが、あとの5%に入ってないかは神のみぞ知るってとこでしょうか。つまりワクチン接種後もマスクの外せない理論的な理由はこれなんでしょう。

顧問医師:中川 晶
令和3年6月

中川晶先生プロフィール

中川晶先生プロフィール

 産経新聞の『中川晶の"生き方セラピー"』でご存知の方もおられると思います。
10年来お付き合いいただいている私共が言うのもなんですが、それはもう愉快な方で、一度語り始めると尽きることがないかのように実に幅広い、しかも有益で面白い話題が湧き出てくるのです。これはおそらく、一度や二度ではない挫折体験と、森羅万象に対する、特に人間に対するとてつもない興味がなせる技だと思えます。受験生についてもご自身の実体験と、臨床心理士としての深い洞察から、真の受験生の心の友となっていただけること請け合いです。先生のユニークで的を得たお話しを、お楽しみください。

  • なかがわ中之島クリニック院長
  • 奈良県立医科大学医学部卒業
  • 精神科専門医、臨床心理士
  • 大阪赤十字病院看護部講師
  • ナラティブコミュニケーション研究所所長
  • 京都看護大学大学院特任教授
  • 奈良学園大学保健医療学部客員教授
  • 京都大学医学部講師
  • 日本保健医療行動科学会会長
<著書・共著>
「心療内科のメルヘン・セラピー」(講談社)
「やすらぎが見つかる心理学」(PHP)
「心理療法」(朱鷺書房)
「ココロの健康からだの医学」(フォーラムA)父(故人)中川米造先生との共著 他

一人ひとりが、志望学部へ。

私たちは考えます、キミにとって最善の学び方を。
私たちは用意します、キミが最大限にがんばれる学習環境を。
私たちは知っています、キミの夢に対する確固たる熱意を。
なぜそう言えるのか。
それは、医学部・歯学部・薬学部・獣医学部 受験指導で、
生徒一人ひとりに向き合い、語り合い、
共に合格を目指し、歩んできた40年間があるからなのです。

PAGETOP