中川先生の「ためになる話」

新型コロナワクチンについて

 新型コロナに対する最終手段としてのワクチン接種が始まりました。それなのに、副反応が怖いとかアナフィラキシーショックになったらどうしようとか、コロナ不安ならぬワクチン不安が出ているので、今回は新型コロナワクチンについて書いてみます。結論から言うと安全ですのでお勧めです。今日はこのワクチンの画期的なところを説明してみたいと思います。
 生物を選択している皆さんにはうるさいかもしれませんがそれ以外の読者の方には少し説明が必要かもしれません。
 ワクチンというのはご存知のように抗原抗体反応を利用しています。ウイルスという抗原に対して、抗体というミサイルを準備させるのがワクチン療法です。どうやってミサイルを準備させるかというと、身体に「こいつが悪者でミサイル準備お願いします」と伝えれば良いのです。伝えかたはいろいろですが、イメージとしては、がんじがらめに縛り上げたウイルスを注射して身体の中のあちこちにいる抗体を作る免疫細胞たちの前で晒し者にすればいいのです。いわば市中引き回しの刑ですな。そうすると免疫細胞たちは「おお、こいつが悪者だな、顔覚えといてミサイル作っといたろ」となるわけです。これが麻疹、風疹、ポリオのワクチン、生ワクチン療法です。でも縛り上げておいたはずのウイルスが自分で縄を解いて暴れ出す事態も発生したので「こりゃ、どうもウイルス本体を注射するのは危ないぞ」ということで学者たちが頭を絞って考え出したのが生きたままのウイルス本体が危ないならば「殺してから」さらし者にするとか、もっといえば本体ではなく「首」だけ晒し市中引き回しにすれば免疫細胞たちはちゃんと悪者の顔を覚えてミサイルを作ってくれるわけです。これがインフルエンザワクチンなどの成分ワクチンなのですが。インフルエンザウイルスという奴は毎年変装してやってくるので、今年はどんな変装でやってくるのか予想が大変です。でも変装は種類が限られているので無限というわけではないのである程度の予想はつくのです。
 さて、今回のワクチンの敵は新型コロナウイルスです。こいつは変装が得意ではありません。テレビでもお馴染みになりましたがこいつの顔の特徴はトゲトゲです。このトゲトゲが曲者で、専門的にはスパイクと呼ばれていて、このスパイクでヒトの細胞表面にあるACEという名前のタンパク質にとっかかりを作って細胞内に侵入してきます。とすればスパイクの先を潰してしまえば侵入出来ないわけです。つまりスパイクの先を抗体で攻撃しとけば、どんな恐ろしいウイルスでも侵入できなければ無害なわけです。要するにスパイクを「顔」と免疫細胞たちに覚えてもらえば、こっちの勝ちです。あとは免疫細胞たちが頑張って自動的にミサイル製造しておいてくれます。ただスパイクという部品いわば「首」ですな、これを人工的に作るにはお金もかかるし時間もかかります。そこで、今回ファイザーやモデルナという会社は、スパイクを人工的に作るのではなく、なんとスパイク、つまり敵の「首」そのものも免疫細胞に作ってもらおうという、何とも大胆な手に出ました。
 ここで生物学のおさらいですが、ヒトの細胞というのは上手く出来ていて、身体全体の設計図DNAがどんな細胞にも入っていて細胞の核という場所にしまい込まれています。この設計図そのものは持ち出し厳禁になっているのですが、設計図をもとに蛋白質を作る工場は核の外、リボソームという工場にあります。これは困った事態なのですがそこは上手く出来ていて、設計図は核内でコピーを取ることが出来るようになってます。このコピーがメッセンジャーRNA(以下m-RNA)とよばれるものでコピーなら潰れてもまたコピーすればいいので、様々な部品をどんどんコピって工場リボソームでどんどん様々な蛋白質を作っています。さて、新型ウイルスですが、こいつはずる賢しい悪党で、自身の設計図まで変えてしまっています。つまりこの悪党の設計図はDNAですらなく、なんとRNAなんです。スパイクを足がかりにスルリとヒトの細胞に侵入してきて、自身の設計図RNAをダラリとたらします、そしてヒトのm-RNAの顔をしてリボソームに赴くのです。リボソームは「おお設計図のコピーがきたわい」とせっせと仕事を続けるわけですが、なんとウイルスをどんどん作らされているというひどい状況になってしまいます。
 さて、ファイザーらの新しいワクチンですがこの仕組みをさらに逆手にとった巧妙なワクチンです。要するにスパイクという敵の首だけの設計図をヒトの細胞に届けてやれば、リボソームが自動的に敵の首だけを作ってくれます(首だけなら無害です)、そうすれば免疫細胞たちに晒し首が回されて「よし、悪党の顔覚えたぞ!」となるわけです。でも新型コロナウイルスの設計図RNAのなかからスパイクを作る部分だけ、抜き出してくることなんてできるのでしょうか?はい、それが今の医学ではそれが可能なんです。そしてその切れっ端RNAを油の小さな小さな粒々に包ませて注射するという、すごい方法です。つまり敵の首といっても、材料のヒトの中にある分子で作っているし、切れっ端RNAは役目を終えるとさっさと分解されて跡形もなくなります。そして晒し首のほう、つまり市中引き回しにされたスパイクも1週間もすれば、すでに免疫細胞が覚えてしまうので、分解されて跡形もありません。かなり巧妙過ぎておとぎ話のようですが、効果は95%以上という成績ですし、安全性においても跡形もなく消えるワクチンですので、大丈夫そうです。副反応として疲労感や頭痛が報告されていますが、長くつづくことは無さそうです。とりあえずは新型コロナの最終兵器となると考えていいと思います。

顧問医師:中川 晶
令和3年2月

中川晶先生プロフィール

中川晶先生プロフィール

 産経新聞の『中川晶の"生き方セラピー"』でご存知の方もおられると思います。
10年来お付き合いいただいている私共が言うのもなんですが、それはもう愉快な方で、一度語り始めると尽きることがないかのように実に幅広い、しかも有益で面白い話題が湧き出てくるのです。これはおそらく、一度や二度ではない挫折体験と、森羅万象に対する、特に人間に対するとてつもない興味がなせる技だと思えます。受験生についてもご自身の実体験と、臨床心理士としての深い洞察から、真の受験生の心の友となっていただけること請け合いです。先生のユニークで的を得たお話しを、お楽しみください。

  • なかがわ中之島クリニック院長
  • 奈良県立医科大学医学部卒業
  • 精神科専門医、臨床心理士
  • 大阪赤十字病院看護部講師
  • ナラティブコミュニケーション研究所所長
  • 京都看護大学大学院特任教授
  • 奈良学園大学保健医療学部客員教授
  • 京都大学医学部講師
  • 日本保健医療行動科学会会長
<著書・共著>
「心療内科のメルヘン・セラピー」(講談社)
「やすらぎが見つかる心理学」(PHP)
「心理療法」(朱鷺書房)
「ココロの健康からだの医学」(フォーラムA)父(故人)中川米造先生との共著 他

一人ひとりが、志望学部へ。

私たちは考えます、キミにとって最善の学び方を。
私たちは用意します、キミが最大限にがんばれる学習環境を。
私たちは知っています、キミの夢に対する確固たる熱意を。
なぜそう言えるのか。
それは、医学部・歯学部・薬学部・獣医学部 受験指導で、
生徒一人ひとりに向き合い、語り合い、
共に合格を目指し、歩んできた40年間があるからなのです。

PAGETOP