FAQFAQ

大手の模試ではずっといい判定が出ていたのに、本番の入試ではあまりいい結果が出ませんでした…

全国模試では、一般文系・理系受験生が主な対象となっているため、問題自体に独特のクセがある医歯系入試を受験する生徒にとって信頼度の高い判断基準とは言えません。
また、合否判定に使用される偏差値も、 医歯系入試においては正確な合否判定基準とはなりにくいのです。

大阪医歯学院では
各種テスト実施

大阪医歯学院では、実力の把握から実戦力養成まで、目的別・段階別にテストを実施し、弱点補強や志望校対策など、学習計画の見直しを行なっています。

【「合差値」による的確な進路指導】
大阪医歯学院では、長年の経験と実績に基づいた、素点による「合差値」判定を導入しています。 独自のデータと難易度から合否ラインの確実な判断を行います。 その上で、弱点補強や志望校対策など学習計画を見直し、じっくりとカウンセリングを繰り返しながら的確な進路指導を行ないます。

各種テスト実施

ページトップに戻る

相談したい事はたくさんあるのに、誰に相談したら良いかわからない…

塾や予備校で受験校や学習法の相談をしたくても誰に相談して良いかわからない、他に生徒がたくさんいるので相談しにくいと遠慮してしまう、という生徒の話をよく耳にします。

大阪医歯学院では
担任制

合格という目標にたどり着くには自分一人の力だけでは解決できない問題があります。 限られた時間の中で道に迷ったり遠回りをせずに最短コースで行くためには、その道に精通したナビゲーターが必要です。

本学院では、各コースごとに、志望校に精通した教務担任が個人カルテ(指導要録)を作成します。 成績や志望校だけでなく、個人の性格も考慮して進路指導を実施。 生活面でも良き相談者として奮闘する合格への良きパートナーです。

担任制

ページトップに戻る

受験情報が思うように収集できていません…

現代社会は情報戦であるとよく言われますが、それは受験においても同じこと。 より新しい情報をより早く手に入れることが入試合格のための有利な武器になると言うのは、誰もが考えていることでしょう。 しかしながら、医・歯・薬・獣医学部の受験情報は、他の学部にない特色があり、なかなか正確な情報収集ができないのです。

大阪医歯学院では
学部別受験ガイダンス

大阪医歯学院では、毎年医・歯・薬・獣医学部志望者対象の受験ガイダンスを学部別で実施しています。 ガイダンスでは、大学から教授や入試課の担当者をお招きして、志望学部の最新の情報や試験の傾向・対策を提供することで生徒や保護者の方々に大変喜ばれています。 ガイダンス後には大学及び学院担当者による教育相談を行い、生徒の現在の状況を確認し、入試までの学習カリキュラム等を親身になって相談に乗っています。

学部別受験ガイダンス

ページトップに戻る

試験で面接を行う大学がありますが、面接対策をしたことが無いので不安です。
どのように対策したら良いのでしょう…

医療系の仕事は生命に関わる仕事なので、個人の人間性というものが重視されています。大学側も受験生に医療系の仕事に携わりたいという強い気持ちがあるか、またあきらめずに学習を続けていく継続力を持っているか等、学力試験だけではわからない内面の部分を知りたいという考えがあるようです。
"面接の練習なんて時間の無駄だ、本番で自分自身を表現するだけで良い"という考え方もあると思いますが、本番の面接で予期せぬ質問が出てペースを乱され、自分自身を表現し切れなかったという話はよく耳にします。 動揺せずに自分自身を表現する力を養うにはやはり練習が必要なのです。

大阪医歯学院では
模擬面接指導

大阪医歯学院ではオリジナルのマニュアルや対策ビデオで基本を押さえ、その後、本番さながらの模擬面接をすることで表現力を身につけて自信を深めるという二段構えで対策を行っています。 特に模擬面接では、各大学の面接の特色を踏まえての練習を行いますので、あらかじめ受験大学の面接形式や質問内容が研究でき、確かな自信を持って本番に臨む事が出来るのです。

模擬面接指導

ページトップに戻る

小論文の対策をしたいのですが、学校の授業や他の科目の勉強が忙しくて、
対策が思うように出来ていません…

医歯系入試では必須の小論文ですが、他の科目に比べると対策に費やす時間が少なく、苦手な生徒が大半です。
どうしても英語や数学といった科目に時間を費やしてしまい、小論文まで手が回らないというのが現状のようです。 しかし小論文の対策は自分一人の学習というのは非常に難しく独りよがりの文章になってしまう恐れがあります。 効果的な対策を行うためには、どうしても第三者の目から見た指導が必要になってくるのです。

大阪医歯学院では
小論文対策指導

大阪医歯学院では、独学では対応できない医歯系入試の小論文を、最終的に合否を左右する重要科目であると位置付け、専門的に指導を行っています。 高卒生コース(医・歯学部)においては総合授業の中に組み入れており、高3生コース(医・歯学部)についても、選択授業として受講できます。
指導には医歯系入試に精進した専門講師が担当し、文章の書き方の基礎から指導していきます。 小論文のテーマも本学院が選定したものや各大学で実際に出題されたものを使用し、基礎力の養成から受験大学対策まで幅広く行うことが出来ます。

小論文対策指導

ページトップに戻る

<大阪医歯学院へのFAQ>

大阪医歯学院は一言でいうと、どんな予備校ですか?

あなたを本気にさせる予備校です。
生徒にきびしくて、やさしい予備校です。日常生活からしっかり一人ひとり生徒を見守り、管理する体制を整えています。相談に乗ってくれる担任の先生や、同じ志望の仲間との競争がやる気にさせてくれます。ホームルームや保護者懇談もあり、まさに“個々に対応する”予備校です。大切なのは予備校のための生徒ではなく、生徒のための予備校であると考えています。

ページトップに戻る

講師は学生ですか?

専任講師・非常勤講師ともにすべてプロ講師です。
クラス授業も個別指導もすべてプロ講師が担当します。専任講師は各教科の主任講師であり、担任も受け持っています。専門予備校でも学生の講師や非常勤講師だけの所が多く、授業がない時は予備校に講師がいなくなることが多いのですが、大阪医歯学院では、常に専任講師と非常勤講師が入試問題の質疑応答や、受験相談に応じています。

ページトップに戻る

入学時のテストで、得点が低いと入学できませんか?

入学選抜テストは行っていません。
これまで大阪医歯学院に入学された方の、入学時の学力は実にさまざまです。私たちはテスト結果だけで生徒を判断しません。それは、34年間いろんな生徒の指導を通じ、本人の「やる気」とそれに応えるノウハウがあれば、「誰にでも合格の可能性がある」ということを実証してきたからです。「やる気」さえあれば、誰でも大阪医歯学院に入学できます。

ページトップに戻る

苦手科目があるので、授業についていけるか心配です。

教科ごとの学力別クラスなので大丈夫です。
「専門予備校」=「すべて難しい授業」と思われがちですが、大阪医歯学院の「クラス授業」は現時点の学力に応じて教科ごとに学力別のクラスを編成し、数段階のレベルに分けて授業を行いますので、どの科目も自分の学力に合った授業を受講できます。得意科目は、高いレベルの授業でさらに伸ばし、不得意科目は、もう一度基礎からやり直すことで、合格のレベルまで引き上げます。

ページトップに戻る

偏差値40台から1年で医学部に合格できますか?

偏差値30台から1年で合格した生徒がいます。
高校中退後、高認資格を取得して大阪医歯学院に入学してきた彼は、5月のマーク模試で600点満点中80点という成績からのスタートでした。これが本当なら奇跡だと思われるかも知れませんが、奇跡は起きるものではなく起こすものなのです。私たちから見れば、これは稀な例ではなく入学時の成績にとらわれず、学力を伸ばす大阪医歯学院の指導方法の大きな成果だと確信しています。

ページトップに戻る

校舎の周辺はどんな環境ですか?

「新大阪」駅前の安心で良好な環境です。
校舎の周辺には、銀行・郵便局・食事処などの生活施設が充実し、新大阪ワシントンホテルプラザが同じセントラルタワーの中に入っているため、防災・安全管理が行き届き、安心で良好な環境です。また、交通の便も新幹線やJR京都線、地下鉄御堂筋線「新大阪駅」の駅前(南側)にあり、通学にも大変便利です。

ページトップに戻る

ページトップに戻る